• 264月

    残雪が多い

     

    鬼首の奥、標高550m位ではまだ小指の爪程度(右写真)

    まあ氷点下だったし霜も降りていた。

    鎌内方面もチェックし、コゴミと葉わさびのみキープ。

    標高を200mほど下げてコシアブラ最大5cm…ピザ1枚分だけ採って、残りは成長を待とう。

    今年は来れないかもなあ…

     

    Read more »

  • 194月

    初物

     

    鬼首の奥の方をパトロール。

    予想通り木の芽はカッチカチで1週間か10日後くらいかな。

    一番早いコゴミのみ採って、適度な散歩終了。

    3時間ほど歩き9:30終了(車に戻るころに雨/予想通りであった。

  • 1910月

    久しぶりの裏磐梯

     

    ゴンちゃんの栗ご飯やキノコ汁、ムール貝や鶏の中抜き、さんまの刺身や塩焼き、伸にもらった鯛と太刀魚とイナダの天ぷら・・・

    もちろん飲むものも飲み続け、なぜか掛け声とともにスクワット(笑

    Seiさんが前日に採った舞茸も美味かったな!

     

    Read more »

  • 079月

    鬼首奥山

     

    師匠と二人で突撃!

    ホンマイタケを狙って行ったのだが、トンビしか生えていない。

    いつもお盆の頃に採っていたのに2週間ずれてる感じだ。

    結局6時間歩き回り、汗をブン流しパトロール終了(苦笑

     

     

     

    Read more »

  • 145月

    平日の朝

     

    外出自粛の合間、シャっと行ってシャっと帰る。

    夜明け後の1時間だなあ… 最大22cm(月の浦ではココまでか?

    先週採ったゼンマイをアク抜きしてくれたモノをいただく。

    旨い!(もっと採ればよかった/笑

  • 105月

    虫がすごい

     

    2本目の沢にて人生最高のシドケ達に出会う!

    ブヨなのかハエなのか、チクチク攻撃に耐え沢を詰めると師匠が見つけ始める。

    そっちの斜面にあるなろこっちにも!って言いながら登るとイイ感じに生えている(嬉しい

    ザレザレの斜面に群生しており、山菜ナイフとピッケルの二刀流で斜面に張り付き登る(笑

    おすそ分けする人たちには、この苦労も汗も分かるまい(笑

  • GW

    095月

    例年通りいただく

     

    濃厚接触もなく、山の幸をいただく。

    例年であればキャンプ場に仲間が集い、酒を酌み交わし笑いあうのだが・・・

    また、夏前にでも飲もう!!

  • 284月

    地味にバージョンアップ

     

    昨シーズン、山菜ナイフとセラミックハサミのケースを追加。

    今回はカゴの底にダイビング用ナイフを装着。ロックがしっかりしてるので落ちないだろう(おそらく/苦笑

    人の誰も居ないところに行くか!?

  • 038月

    平日に突撃

     

    4時発で鬼首。

    M師匠と一緒に片道二時間ちょいの沢筋を歩く。

    太いミズがワサワサ生えており、育ちすぎたシドケの群生が山盛りであった!

    クマとイノシシの足跡がかなり見え、爆竹が活躍してくれた(苦笑

    夜のお供は「味噌タタキ青唐辛子風味」と「ごまおひたし」

  • 125月

    鬼首に突撃

     

    M師匠の穴場に連れて行ってもらう。

    一箇所でウド、タラ、コシアブラなどドンピシャのタイミング!(さすが!

    楽しくて採りすぎだ(苦笑

     

    久しぶりに天ぷらを作る。